◎風の時代に絶対に知っておくべきこと

桜スターヒーリング

桜が咲き始めましたね~
気持ちよいです。

花が咲き、新緑の季節が訪れる美しい季節になりました。新しい変化の時期です。

最近、アクエリアスの時代になりました~とか
風の時代です!というキーワードをよく目にすると思います。

ここではこれからの時代に特に知っておくべきことを書いてみたいと思います。

どうして風の時代と呼ばれているかはネットで調べてみると沢山でてきます。

まずはここまでの土、地の時代を慣らし整えてくれた先代に感謝しましょう。ここがなければ進化はないのですから。

そして、ここからは4大元素(4つの世界)と自然の摂理からの知恵。

『火』『水』『風』『地』が一般的ですね。

『火』は理想の世界(火はすべてを含みますよ)
『水』は愛の世界
『風』は言葉の世界
『地』は富の世界

とまぁ大きくざっくりとしてみましょう。

そして自然は色々な事を教えてくれますね。
例えば、植物を育てようと思ったとき時に大地にまず、望む植物の種を植えます。その後何しますか?
風を送りますか?
いえいえお水をあげますね。

そう何かを育てる時には、まずお水が必要なんです。
そして芽がでます。
雑草抜いたりその植物が丈夫に育つように必要な肥料を調べてあげたりしてお世話して育てます。

水は愛や感情を象徴します。まずは潤いプルンです。
まずは自分を潤すこと。乾いていたらたっぷり喉の乾きを癒すことが、これからの時代を過ごすときにとってもだいじ。これがないと何も育たない。
これは自分を大切にするという嬉しいことでもありますよね。

風は言葉や情報を運びます。目まぐるしく変化する沢山の情報がすぐに届く素晴らしい時代です。
タロットの世界では
風の世界はソード(剣)で表されます。
剣は使い方によってはけがをします。言葉も同じ。

大地に種をまいてもお水をあげなければ、いつまでたっても育ちません。お水(愛)をあげて、必要な情報を得て世話する(風)。

自分が乾いているときは、風のソード(剣)や言葉を使っても余裕がありません。

生命の樹の知恵を学んでいるときに、4つの世界は、火『水』風地よりも火風『水』地の方がしっくりくるね。と話したことがありました。
何かが創造されるとき、愛と言葉は一体です。
風の前に自分を愛で満たすこと。大切な人を大事にするように自分を潤すこと。

風の世界の中にも、愛が降り注いでいる事を知るというのも逆説的ですがよいですよね。
どちらにしても風だけ、水だけではないのです。

実はこれは風の時代以前から、そしてこれからもずっーとある摂理です。

意識の変化で知恵が叡知に変わっていくことでしょう。

そして『すべてはバランス』

春を喜びましょう~🌸

コメント

タイトルとURLをコピーしました