◎動物をサポートする10のこと~大天使ミカエルより

ペットスモールアニマル

地球にはたくさんの種類の動物がいます。
最近ではSNSで世界中のたくさんの動物の動画が見られます。愛らしさを知ったり、知らなかった動物の生体を知ることができたり、また動物救出に携わる方の姿の動画もあります。
動物たちは、人と同じように地球を住処にする存在ですね。

動物と生活をしている方なら、一緒に過ごす動物が毎日心地よく過ごせるようにと願い過ごしているのではないでしょうか?

すべての動物たちは魂の目的をもって生まれてきます。

下記は、そんな私たちの大切な家族であるペットや関わる動物たちを、どのようにサポートすることができるのか?
と言う問いへの大天使からのメッセージです!!


【動物をサポートする10のこと】

(ケリーハンプトンさんによる大天使ミカエルのチャネリングメッセージ)

①動物たちに過度な期待を持たないこと
これができるだろう、またはできないだろうとか、年齢や能力に関わらず期待をもちすぎないように。

②屋外での時間を与えてあげて下さい(特に家の中にいる動物に)
母なる自然と関わる時間を持つことによって、動物たちがDNAのシステムをよりアップグレードすることができる。

③動物とより楽しく深く関わる活動を探して下さい
皆さんが動物と関係性をもっと深めるような健康的なクリエイティブな活動(遊び)を増やして下さい。例えばかくれんぼとか…
2012年以降そういう活動に飢えています。

④ライトワーカーの皆さんの使命として、虐待の子の次元を上げることを手伝うこと。
読んでいるあなたに課せられた使命です!!
既に関わっているのであれば、もっと深く関わりなさい。介入しなさい。できることをしてください。

⑤あなたの声を使って、愛ある真実を伝える
身体的、精神的、感情的に何かしいたげられている動物がいるかもしれません…

⑥地球上のすべての場所のあらゆる虐待を、他のものに変えなければならない
動物の湿疹や皮膚疾患としてあらわれることがある。これは動物たちにとって必要なことではないですよね…

⑦食肉に関して 必要ない不要なものをなくしていきましょう。
他のものに置き換える(植物など)
難しい方もあるでしょう…時間がかかるかもしれないけれども。
人は肉食にプログラミングされてないということです。

⑧愛を教えて下さい
地球上のすべての動物は愛を知る必要があります。愛するということは、私たちの愛を示すこと。
まず自分に愛を示す。自分をケアすることに注意深くあって下さい。

⑨エネルギーフィールドは常に動いていて、人も動物も互いに影響を与え合っていることを知って下さい
皆さんもご自身のエネルギーフィールドは状況によって日々変わると思います。
一緒に過ごす動物も、あなたやあなたと過ごす人達のエネルギーフィールドと関わっています。お互いに影響を与えあっています。まず、自分に対して愛を書く。自分で自分にラブレターを書いて下さい。

そして、動物にもラブレターを書いて下さい。それはアニマルキングダム(動物王国)にも届く(影響する)愛の手紙となります。愛の手紙は家のどこかにおいておくことができますね。
それは、私たちの愛の宣言です。どれくらい彼らに愛を表したいですか?
愛のエネルギーは強くあなたからぴったりとくっついて離れることはありません。

⑩新しいアニマルケアリングソサイアティーについて(動物王国とは違う)
ジャガーやピーコック(孔雀)カニやアライグマなどそれぞれの動物ごとのソサイアティー(組織)が存在するのですよ。他の動物組織に対する怖れというものがある。それをそれぞれ動物の壁をなくすようにオープンにしてあげることができる。

(補足:AAM曰く、エクスクラメーションマークに象徴されるような感じのようなので、お互い知ることがないので未知でもあり、驚き!なのかもしれませんね。)

ケアリングソサイアティーをサポートすることを人として介入してできることは、真実を発信すること・そして動物をケアし、動物の生活を支える組織を発信することも助けになる。身近な動物はケアできるけど、まだ世界には虐待など色々ありますね。

いかかでしたか?

私もアニマルキングダムにまで届きますようにと願いながら愛犬へのラブレターを書いてみました。心まで温まり愛が益々深まりました。

同じ家に住む人や動物の感情が、過ごす空間までに影響を与えあうことを知るのはとてもとても大事ですね。
そして自分を大切にケアをすることで、その空間までケアされるなんて素敵なことですね。
ひとつずつ無理なくできることから習慣にしていきましょう。

ぜひ大切な動物たちと絆を深めるこの大天使ミカエルからのメッセージをご活用ください!
今日もあなたと大切な動物がHappyでありますように。

タイトルとURLをコピーしました